LINEで送る

ブランド

COMME des GARCONS / コムデギャルソン

1969年に川久保玲がスタート。ブランド名はフランス語で「少年のように」。「今までにないもの」「新しい服」を作ることを理念にし、着る側の顧客に対して「新しい美」を考えさせ、価値観の転換を迫るアイテムを提案し続けています。1981年に、初めてパリコレに参加。「カラスルック」や「ボロルック」を発表し、国内外の多くのデザイナーに大きな影響を与えました。「黒の衝撃」や「ジャパネスクカジュアル」と呼ばれた黒一色のアイテムは、世界から注目の的となりました。また、国内では「カラス族」と呼ばれる、黒ずくめのファッションが流行し、DCブランドブームの一角を担いました。芸能人・海外デザイナーを含め、現在でも多くのファンを魅了し続けています。

新着情報

Copyright © ブランド古着、毛皮の買取ならリシャレ All Rights Reserved.